仕事の為の資格

アロマセラピーの資格と仕事
 

日本のアロマセラピーの資格は「民間資格」のひとつです。


アロマセラピー検定

一級、二級があります。基礎的なことを、習得します。



アロマセラピーアドバイザー

精油や、その他の材料に関する知識の習得です。
アロマセラピーの専門ショップで販売に携わったりアドバイスを
するために適した資格です。



アロマセラピーインストラクター

スクールの講師、ボランティアなど教育活動に携わるのに適した資格です。
専門家として、指導の能力を有します。



アロマセラピスト

アロママッサージやコンサルティングなど総合的な能力を有します。
心理学、衛生学などの知識が必要です。



国際資格

英国IFA、英国ITEC、スイスCIDESCOなどがあります。

| 資格

アロマセラピーを楽しむために

アロマセラピーを楽しむために、なくてはならないものは。

まず第一に、精油です。

植物の花や葉、樹皮、樹脂の細胞組織のなかにある
「油のう」より抽出される芳香物質のことです。

精油の抽出成分は、ごくわずかしか取れません。
たとえば、薔薇ですと、一滴採るのに約50本の花びらが必要です。

 
精油は、含まれる成分や割合により、香りや働きが異なります。
 
精油の特徴

「芳香性」・・・強い香り。

「揮発性」・・・蒸発しやすい。

「新油性」・・・油に溶けやすい。 



精油が作用するメカニズム

1:鼻から脳へ

 嗅覚を刺激・・・大脳へ直接アプローチします。
         「感覚的」

2:鼻から肺へ

 肺の粘膜より血液中に入り全身を活性化させます。


3:皮膚から体内へ

 経皮吸収され全身を活性化させます。



この様に、精油は体を全体的にケアーをします。

アロマセラピー


アロマセラピー とは

アロマ(Aroma・芳香)とセラピー(Therapy・療法)を

かせ合わせた言葉。


「緊張を緩和」「気持ちを元気に」・・・etc.



古くから世界中で親しまれ、人間が本来持っている

自然治癒力を高めます。


健康や美容に役立つことで、フランスでは、アロマセラピーは

「代替医学」として医療現場で利用しています。



なぜ?アロマセラピーなのか。


芳香のある植物のエッセンスを、かいだり、

肌に塗ったりすることにより、成分を体内に取り込みます。


「かぐ」こと。それは直接脳に働きかけます。

「塗る」こと。それは、経皮吸収されます。


肥満や、肌荒れ、うつ・・・etc.。



あらゆる不調は脳からの信号です。脳の疲れ・・・「脳疲労」。


心の疲れのサインです。



アロマセラピーは本来あるべき「美しさ」と「健やかさ」へと

導いてくれます。


アロマセラピー



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。